『思い出のマーニー』&米林監督の原画展を観てきましたぞ!

 

 思春期の頃から独自の世界を表現してきたかたの心に、鮮やかなものを蘇らせてくれるような温かいお話だとおもいます。今まさに杏奈ちゃんくらいの年頃のかたにはぜひ、夏休みに観てほしい作品です*^^
 最後の方までミステリーな雰囲気で、どういうことなんだろう どうなるんだろうとソワソワどきどきしていました…!観賞後に米林監督の原画展(https://www2.seibu.jp/wsc/010/N000066844/1538/info_d_pv)にもルンルンと伺いまして、杏奈ちゃんのその後がすこうしわかるスケッチがあってほっこりしたり、設定画に見入ったり・・・とっても心のまんぷく感を頂きました^▽^
 まだ観に行くかどうか迷っている方は、お時間がありましたらぜひ*

 

 原画展ではマーニーのほかにも、アリエッティなど 米林監督の描かれたヒロインたちの原画が見られたりします^3^個人的にとてもツボだったのが、『千と千尋の神隠し』冒頭でハクが千尋にあの世界のものを食べるよう促すシーン・・・の、原画横に添えられていたキャプションの内容です。

 なんでも、"迫ってくるハクを嫌がる千尋"を宮崎駿監督自ら『こういうポーズで、こんな感じで嫌がって・・・』と熱く演じて下さったそうで、米林監督はありがたく感じると同時に 必死で「笑っちゃいけない……ッ」と堪えていた旨が書いてありまして・・・そちらを読みながら素敵な現場の一場面を想像して、思わずふふっと小さく笑ってしまいました^///^この言い方は語弊を招くかもしれませんが、「なんてかわいい御方達なんだーー!!」というのがたいへん正直な感想です敬礼!

 その他にも、スタッフ様方の関係性が垣間見えるキャプションが数点あり、皆さまのお人柄をすこうし知れたことがたまらなく楽しかったです*

 

 そしてそして、米林監督の学生時代〜入社初期の頃の『落書き』まで展示されていて、絵描きの端くれとしてはもう目を輝かせずにいられませんでしたキラッキラ!^▽^ほぼゼロ距離でじいっと眺めてる学生カバンのきみ……わかるわかるよそのきもち……!!!笑 (※閉館間際だったので比較的空いていたのです^3^)

 息づく沢山の線が見られて幸せです* マーニーを観た後と同じく、原画展にお邪魔した後も「スケッチしたい!」と創作意欲ムキムキになりました♪

 この日記を書いている時点で、原画展の終了まであと三日ほどです。行けそうなかたはぜひぜひ〜〜!! 米林監督の、『少女』をえがくことに対する情熱を味わってくださいませ*^^